コンテンツの開始

受賞者および選考理由(2023年度)(3) 

掲載日:2024年7月3日

受賞者

武石 直樹(京都工芸繊維大学機械工学系)

対象業績

単一および多体カプセルの流動に関する膜-流体連成解析

関連論文

(a) N. Takeishi, M. E. Rosti, Y. Imai, S.  Wada, Luca Brandt. Haemorheology in dilute, semi-dilute and dense suspensions of red blood cells, J. Fluid. Mech. 872, 818-848(2019).

(b)  N. Takeishi, H. Yamashita, T. Omori, N. Yokoyama, S. Wada, M. Sugihara-Seki. Inertial migration of red blood cells under a Newtonian fluid in a circular channel, J. Fluid. Mech. 952, A35(2022).

(c) N. Takeishi, M. E. Rosti, Enhanced axial migration of a deformable capsule in pulsatile channel flows, Phys. Rev. Fluid., 8, L061101(2023).

選考理由

武石氏は,自ら開発したGPU計算技法を駆使して,粘弾性体,特に赤血球の低レイノルズ数管内流れの挙動に関する詳細な数値シミュレーションを行い生体内およびマイクロ流体デバイス内における細胞流動に関する力学と,赤血球サスペンションのレオロジー動態を明らかにし,さらに自律的な脈動を再現するなど,重要な成果を挙げた.得られた研究成果は,流体力学分野のみならず生命科学系分野へも発信しており,今後も流体力学の立場から大きな貢献をなすものと期待できる.