コンテンツの開始

竜門賞 

本会会員で募集翌年の3月末日において40歳未満であり,流体力学の発展に寄与した論文を査読のある雑誌に発表し,独創性と将来性に富むと認められる個人に授与する.
なお,出産・育児により研究に専念できない期間がある場合,一子につき1ないし2年延長する.その延長期間は,産休・育休取得などその期間が定量的に算定できるものに基づき,それら休職期間が一回の出産につき通算8週間以上であれば 2年,8週間未満であれば 1年とする.対象とする休職期間は,延長期間を考慮しない場合に最後の応募資格を有する年度の7月末日までに開始したものとする.
ただし,対象は最近の業績(上記延長期間を除いた10年以内)とし,特定の論文に制限するものではない.既に論文賞または竜門賞を受賞した者を除く.また,論文賞や技術賞(共著者を含む)と同時には応募できないものとする.

受賞者および選考理由(2023年度)(1) 

受賞者

阿部 圭晃(東北大学流体科学研究所)

対象業績

移動変形を含む複雑形状周りの高次精度圧縮性流体解析のための保存型メトリクスとその応用に関する研究

関連論文

(a) Y. Abe, T. Haga, T. Nonomura and K. Fujii, Conservative high-order flux-reconstruction schemes on moving and deforming grids, Computers & Fluids, 139, 2-16 (2016).

(b) Y. Abe, I. Morinaka, T. Haga, T. Nonomura, H. Shibata and K. Miyaji, Stable, low-dissipation, and conservative high-order flux-reconstruction schemes in skew-symmetric split forms, J. Comput. Phys., 353, 193-227 (2018).

(C) Y. Abe, T. Nonomura, and K. Fujii, Flow instability and momentum exchange in separation control by a synthetic jet, Phys. Fluids, 35, 065114 (2023).

選考理由

阿部氏は,空間高次精度化と保存量保存性の両者を満足する保存型メトリクスを開発し,さらに幾何対称性を導入することによって計算の安定性が向上することを示した.さらにこの成果を,シンセティックジェットによる翼周り剥離流れ制御等様々な問題へ適用し,翼周りの剥離制御に関する重要な知見を得ている.この計算手法は,国際的オープンソースにも採用され,世界的にも広く利用されている.また,流体力学をベースに多様な分野への貢献を遂げている.以上より,候補者は流体力学の研究者として極めて有望であり,日本流体力学会竜門賞にふさわしいと判断できる.

受賞者および選考理由(2023年度)(2) 

受賞者

犬伏 正信(東京理科大学理学部)

対象業績

力学系理論に基づくデータ駆動型流体力学研究

関連論文

(a)Masanobu Inubushi, Shin-ichi Takehiro, Michio Yamada, Regeneration cycle and the covariant Lyapunov vectors in a minimal wall turbulence, Physical Review E 92, 023022 (2015).

(b)Masanobu Inubushi and Susumu Goto, Transfer learning for nonlinear dynamics and its application to fluid turbulence, Physical Review E 102, 043301 (2020).

(c)Mikito Konishi, Masanobu Inubushi, and Susumu Goto, Fluid mixing optimization with reinforce ment learning, Scientific Reports 12, 14268 (2022).

選考理由

犬伏氏は,京都大学,民間企業,大阪大学にて力学系,物理系の問題をデータ駆動型手法の観点から捉え,多様な成果を挙げてきた.流体力学分野では,機械学習手法の一つであるリザーバーコンピューティング法を乱流力学系に適用し乱流予測の転移学習を提案し,さらに流体混合問題に対して,深層強化学習がその最適化に対して極めて有効であることを示した.このように,流体力学を力学系理論の観点から捉え,応用問題解決につながる成果を挙げており,今後も新たな展開が期待できる.

受賞者および選考理由(2023年度)(3) 

受賞者

武石 直樹(京都工芸繊維大学機械工学系)

対象業績

単一および多体カプセルの流動に関する膜-流体連成解析

関連論文

(a) N. Takeishi, M. E. Rosti, Y. Imai, S.  Wada, Luca Brandt. Haemorheology in dilute, semi-dilute and dense suspensions of red blood cells, J. Fluid. Mech. 872, 818-848(2019).

(b)  N. Takeishi, H. Yamashita, T. Omori, N. Yokoyama, S. Wada, M. Sugihara-Seki. Inertial migration of red blood cells under a Newtonian fluid in a circular channel, J. Fluid. Mech. 952, A35(2022).

(c) N. Takeishi, M. E. Rosti, Enhanced axial migration of a deformable capsule in pulsatile channel flows, Phys. Rev. Fluid., 8, L061101(2023).

選考理由

武石氏は,自ら開発したGPU計算技法を駆使して,粘弾性体,特に赤血球の低レイノルズ数管内流れの挙動に関する詳細な数値シミュレーションを行い生体内およびマイクロ流体デバイス内における細胞流動に関する力学と,赤血球サスペンションのレオロジー動態を明らかにし,さらに自律的な脈動を再現するなど,重要な成果を挙げた.得られた研究成果は,流体力学分野のみならず生命科学系分野へも発信しており,今後も流体力学の立場から大きな貢献をなすものと期待できる.

過去の受賞者 

・ 2022年度受賞者(1)
有⾺隆司(苫⼩牧⼯業⾼等専⾨学校 創造⼯学科)/非平衡熱⼒学に基づく多原⼦分⼦気体流れに関する数理的研究
・ 2022年度受賞者(2)
金川哲也(筑波大学システム情報系)/気泡流中の非線形波動に関する基礎数理と医薬応⽤
・ 2021年度受賞者(1)
辻 徹郎(京都大学大学院情報学研究科)/熱泳動を用いた微小粒子輸送に関する実験および数理的研究
・ 2021年度受賞者(2)
焼野藍子(東北大学流体科学研究所)/壁乱流準秩序構造に着目した摩擦抵抗低減制御に関する研究
・ 2021年度受賞者(3)
Rosti,Marco Edoardo(沖縄科学技術大学院大学,複雑流体・流動ユニット)/The effect of compliant elastic walls on fluid flows
・ 2020年度受賞者(1)
渡邉智昭(名古屋⼤学⼤学院⼯学研究科)/安定密度成層下のせん断乱流の乱流構造と拡散現象に関する研究
・ 2020年度受賞者(2)
松田景吾(海洋研究開発機構地球情報基盤センター)/乱流中の慣性粒子クラスタリングが雲放射・レーダー反射に及ぼす影響の解明
・ 2020年度受賞者(3)
沖野真也(京都大学大学院工学研究科)/高シュミット数のスカラーによって形成される密度成層流体中の減衰乱流に関する研究
・ 2019年度受賞者(1)
関本 敦/統計的に定常な一様せん断乱流の普遍的秩序構造の研究
・ 2019年度受賞者(2)
高垣直尚/海洋表面を通しての運動量・スカラ輸送機構に関する研究
・ 2018年度受賞者(1)
小澤啓伺/感温塗料計測法を用いた高速熱流体現象の解明
・ 2018年度受賞者(2)
野々村拓/高速流からの音響波解析のための高次精度重み付き差分法の研究
・ 2017年度受賞者(1)
鈴木康祐/埋め込み境界.格子ボルツマン法に基づく移動境界流れの数値計算法の開発と その羽ばたき飛翔への応用
・ 2017年度受賞者(2)
北村圭一/衝撃波において安定かつ高精度な流体計算手法の提案
・ 2016年度受賞者(1)
松浦 一雄/空力自励音の発振機構の解明とその無秩序化に関する研究
・ 2016年度受賞者(2)
杉本 憲彦/地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究
・ 2015年度受賞者(1)
長谷川洋介/壁乱流における伝熱及び運動量輸送の最適制御に関する研究
・ 2015年度受賞者(2)
河合宗司/高レイノルズ数流れにおけるLarge-eddy simulationの壁面モデルに関する研究
・ 2014年度受賞者(1)
田川義之/流動場中の粒子・気泡クラスターのラグランジュ的解析
・ 2014年度受賞者(2)
田口智清/温度場を駆動源とする低圧/マイクロスケール気体流に関する分子運動論的研究
・ 2013年度受賞者
大西 領/微小慣性粒子の乱流衝突機構の解明と高解像度気象シミュレーションへの応用
・ 2012年度受賞者
玉野真司/粘弾性流体の乱流境界層流れにおける抵抗低減メカニズムの解明
・ 2011年度受賞者(1)
板野 智昭/平板間ミニマム流れの周期解
・ 2011年度受賞者(2)
田中 智彦/固気混相乱流のPIV計測と散逸構造
・ 2010年度受賞者(1)
野口尚史/海洋中の層状微細構造の実態と形成・発達機構に関する研究
・ 2010年度受賞者(2)
鈴木崇夫/数値流体力学と実験流体力学の融合による噴流の不安定波と放射音の研究
・ 2009年度受賞者(1)
小林宏充/乱流構造に基づくサブグリッドスケールモデルの開発
・ 2009年度受賞者(2)
長津雄一郎/Viscous fingering の反応性流体力学の実験研究
・ 2008年度受賞者
長田孝二/安定および不安定密度成層乱流場における乱流輸送現象の解明
・ 2007年度受賞者(1)
(a) Susumu Goto & Shigeo Kida: “Reynolds-number dependence of line and surface stretching in turbulence: folding effects,” J. Fluid Mech., 586, 59-81 (2007),
(b) Susumu Goto & J. C. Vassilicos: “Self-similar clustering of inertial particles and zero-acceleration points in fully developed two-dimensional turbulence,” Phys. Fluids, 18, 115103 1-10 (2006).
・ 2007年度受賞者(2)
Koji Fukagata, Kaoru Iwamoto & Nobuhide Kasagi: “Contribution of Reynolds stress distribution to the skin friction in wall-bounded flows,” Phys. Fluids, 14, L73-L76 (2002).