コンテンツの開始

若手優秀講演表彰 

若手優秀講演表彰は,日本流体力学会年会講演会および数値流体力学シンポジウムにおいて若手研究者等による優れた発表に対して表彰,賞状を贈呈されます.実施は「日本流体力学会・若手優秀講演表彰要領」に基づいて各講演会・シンポジウムの実行委員会が理事会の承認を得て行うことになっています.

受賞者には賞状が贈られ,氏名と業績を会誌「ながれ」に発表します.授与式は,年会または数値流体力学シンポジウムで行われます.

受賞者(年会2021)

安部大晟/衝撃波圧縮の継続時間を考慮した分子雲における誘発的星形成シミュレーション
磯田佳孝/周期流と振動翼の位相差が推力と揚力に与える影響
伊藤一希/迎角のついたアーチェリー矢側面の境界層流れの安定性解析
小野満里絵/高レイノルズ数円管流れにおける乱流構造-LDVによる壁面近傍乱流統計量―
小井手祐介/散逸粒子動力学法を用いた高分子鎖の緩和に伴うエネルギー散逸の評価
高橋知宏/回転円板による接線方向運動量適応係数の計測
田之上智宏/乱流カスケードのミニマルモデル
中谷謙介/機械学習を用いた時系列データからの乱流場推定
能登大輔/回転熱対流中に形成される渦柱の運動と熱輸送特性
濱崎博也/乱流中のマイクロバブルの挙動の可視化
藤田雄介/多重渦ダイナミクスに基づく凹凸翼の空力性能
守矢直樹/流動場の空間再構築のための階層型ニューラルネットワーク
山本和佳/力に応答する蛍光分子の流体中の伸長応力に対するスペクトル変化

受賞者(第35回数値流体力学シンポジウム)

真部魁人/高速気流中の液体薄膜のVOF法を用いた圧縮性二相流動解析
藤木優太朗/渦による柔軟な粒子の集積現象
大河内祐輔/バンプを持つチャネル乱流に対するフィードバック制御の直接数値シミュレーション
竹田一貴/乱流パフの時空間欠性に関するDomany-Kinzelモデルによる再現の試み
藤野潤/渦伸長に基づいた円柱背後の乱流の維持機構
丸山佳那子/運動エネルギー・エントロピー時間空間完全保存形スキームの提案
藤原悠嗣/圧縮性多成分流体における圧力平衡と保存を両立する新しい空間離散化スキームの提案
辻村光樹/粒子・格子ハイブリッド法による液体噴流微粒化の数値解析
貴傳名史椰/非理想的気液平衡による二成分液滴の蒸発挙動に関する数値計算
渡辺勢也/AMR法を導入した格子ボルツマン法による船舶-氷相互作用のシミュレーション
岩谷優汰/遷音速バフェット現象のDMD・resolvent解析
前島颯樹/LESからDNS相当の全領域流れ場を超解像可能とする教師なし学習モデルの構築
森本将生/ニューラルネットワークに基づく流れ場推定におけるモデルの不確かさの評価
川嵜真広/局所アンサンブル変換カルマンフィルタを用いた合金凝固フェーズフィールドシミュレーションのデータ同化:数値実験による検証
千田晃/深層学習ベースの非定常流れ推定:振動円柱後流における非線形畳み込み