コンテンツの開始

論文賞 

過去10年以内に査読のある雑誌に発表された流体力学に関する独創的な論文で,これが流体力学の進歩発展に顕著な貢献をなしたと認められる論文の著者に授与される.

ただし,著者(共著の場合,代表者)は本会会員であること.代表者以外の共著者については,授賞年度3月31日において,本会会員か,入会申込み済みである者を授賞対象とする.

受賞論文および選考理由(2016年度) 

該当なし。

過去の受賞論文 

・ 2015年度受賞論文
該当なし
・ 2014年度受賞論文
該当なし
・ 2013年度受賞論文(1)
S. Kida: “Steady flow in a rapidly rotating sphere with weak precession", Journal of Fluid Mechanics, Vol. 680, pp. 150—193 (2011).
・ 2013年度受賞論文(2)
K. Ishimoto and M. Yamada: “A coordinate based proof of the scallop theorem", SIAM Journal on Applied Mathematics, Vol. 72, No.5, pp. 1686-1694 (2012).
・ 2012年度受賞論文
Koji Fukagata, Kaoru Iwamoto and Nobuhide Kasagi, "Contribution of Reynolds stress distribution to the skin friction in wall-bounded flows", Physics of Fluids, Vol.14, L73-L76, (2002).
・ 2011年度受賞論文
Y. Kaneda, T. Ishihara, M. Yokokawa, K. Itakura, and A. Uno, “Energy dissipation rate and energy spectrum in high resolution direct numerical simulations of turbulence in a periodic box,” Physics of Fluids, Vol. 15, L21 - L24 (2003).
・ 2008年度受賞論文
Y. Morinishi, T. S. Lund, O. V. Vasilyev and P. Moin, "Fully Conservative Higher Order Finite Difference Schemes for Incompressible Flow", J. Comput. Phys. Vol.143, pp.90-124 (1998).
・ 2007年度受賞論文
Ryoichi Kurose & Satoru Komori: “Drag and lift forces on a rotating sphere in a linear shear flow,” J. Fluid Mech., 384, 183-206 (1999).