コンテンツの開始

日本流体力学会 2018年度学会賞 受賞者決定 

2018年度学会賞候補者の選考が終了したので、ここに選考結果を報告する。

日本流体力学会学会賞選考委員会委員長 佐宗章弘

【論文賞】

該当なし

【竜門賞】

受賞者:小澤 啓伺 (首都大学東京 システムデザイン学部)
対象業績:感温塗料計測法を用いた高速熱流体現象の解明
関連論文:

(a) H. Ozawa, S. J. Laurence, J. Martinez Schramm, A. Wagner, K. Hannemann, "Fast-response temperature-sensitive-paint measurements on a hypersonic transition cone, Exp. Fluids," 56 (2015), 1853.

(b) H. Ozawa, "Experimental study of unsteady aerothermodynamic phenomena on shock-tube wall using fast-response temperature-sensitive paint," Phys. Fluids, 28 (2016), 046103.

(c) H. Ozawa, S. J. Laurence, "Experimental Investigation of the shock-induced flow over a wall-mounted cylinder," J. Fluid Mech., 849 (2018), 1009.

【竜門賞】

受賞者:野々村 拓(東北大学大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻)
対象業績:高速流からの音響波解析のための高次精度重み付き差分法の研究
関連論文:

(a) T. Nonomura, N. Iizuka, K. Fujii, “Freestream and vortex preservation properties of high-order WENO and WCNS on curvilinear grids,” Comput. Fluids, 39 (2010), 197.

(b) T. Nonomura, S. Morizawa, H. Terashima, S. Obayashi, K. Fujii, “Numerical (error) issues on compressible multicomponent flows using a high-order differencing scheme: Weighted compact nonlinear scheme,” J. Comput. Phys., 231 (2012), 3181.

(c) T. Nonomura, K. Fujii, ”Characteristic finite-difference WENO scheme for multicomponent compressible fluid analysis: Overestimated quasi-conservative formulation maintaining equilibriums of velocity, pressure, and temperature,” J. Comput. Physics, 340 (2017), 358.

【技術賞】

受賞者:前田和宏、槇原孝文、只熊憲治、寺門晋、山下太郎、坪井謙太郎(トヨタ自動車株式会社車両技術開発部)
小松由尚(三菱重工業株式会社 総合研究所 流体研究部)
太田真弘、伊与田真志(三菱重工機械システム株式会社 設備インフラ事業本部 設備技術部)
技術名:実走行条件での定量評価を可能とした流速変動制御による風洞実験技術の開発

【技術賞】

受賞者:今東昇一、栗山直久、酒井雅晴((株)デンソー)
    三石康志、吉野悦郎((株)SOKEN)
技術名:車両空調用送風機の高効率・低騒音化技術の開発