コンテンツの開始

日本流体力学会 2017年度学会賞 受賞者決定 

2016年度学会賞候補者の選考が終了したので、ここに選考結果を報告する。

日本流体力学会学会賞選考委員会委員長 安倍 賢一

【論文賞】

該当なし

【竜門賞】

受賞者:鈴木 康祐 (信州大学 工学部 機械システム工学科)
対象業績:埋め込み境界―格子ボルツマン法に基づく移動境界流れの数値計算法の開発と その羽ばたき飛翔への応用
関連論文:

(a) K. Suzuki and T. Inamuro, “Effect of internal mass in the simulation of a moving body by the immersed boundary method,” Comput. Fluids, 49, pp. 173-187, 2011.

(b) K. Suzuki, K. Minami, and T. Inamuro, “Lift and thrust generation by a butterfly-like flapping wing-body model: immersed boundary-lattice Boltzmann simulations,” J. Fluid Mech., 767, pp. 659-695, 2015.

【竜門賞】

受賞者:北村 圭一(横浜国立大学 大学院工学研究院 システムの創生部門)
対象業績:衝撃波において安定かつ高精度な流体計算手法の提案
関連論文:

(a) Keiichi Kitamura, Philip Roe and Farzad Ismail, “Evaluation of Euler fluxes for hypersonic flow computations”, AIAA Journal, 47, pp. 44-53, 2009.

(b) Keiichi Kitamura and Eiji Shima, “Towards shock-stable and accurate hypersonic heating computations: A new pressure flux for AUSM-family schemes”, Journal of Computational Physics, 245, pp. 62-83, 2013.

(c) Keiichi Kitamura and Atsushi Hashimoto, “Simple a pos teriori slope limiter (Post Limiter) for high resolution and efficient flow computations”, Journal of Computational Physics, 341, pp. 313-340, 2017.

【技術賞】

該当なし