コンテンツの開始

日本流体力学会 2016年度学会賞 受賞者決定 

2016年度学会賞候補者の選考が終了したので、ここに選考結果を報告する。

日本流体力学会学会賞選考委員会委員長 木村 芳文

【論文賞】

該当なし

【竜門賞】

受賞者:松浦 一雄(愛媛大学大学院理工学研究科生産環境工学専攻)
対象業績:空力自励音の発振機構の解明とその無秩序化に関する研究
関連論文:

(a) Kazuo Matsuura and Chisachi Kato, Large-Eddy Simulation of Compressible Transitional Flows in a Low-Pressure Turbine Cascade, AIAA Journal, Vol. 45, No. 2, pp. 442-457(2007).

(b) Kazuo Matsuura and Masami Nakano, A Throttling Mechanism Sustaining a Hole Tone Feedback System at Very Low Mach Numbers, Journal of Fluid Mechanics, Vol. 710, pp. 569-605(2012).

(c) Kazuo Matsuura and Masami Nakano, Disorganization of a Hole Tone Feedback Loop by an Axisymmetric Obstacle on a Downstream End Plate, Journal of Fluid Mechanics, Vol. 757, pp. 908-942(2014).

【竜門賞】

受賞者:杉本憲彦(慶應義塾大学 法学部 日吉物理学教室 自然科学研究教育センター)
対象業績:地球流体における渦からの自発的な重力波放射の研究
関連論文:

(a) N. Sugimoto, K. Ishioka, and K. Ishii, “Parameter sweep experiments on spontaneous gravity wave radiation from unsteady rotational flow in a f-plane shallow water system” J Atmos Sci 65, 234-249 (2008).

(b) N. Sugimoto, K. Ishioka, H. Kobayashi, and Y. Shimomura, “Cyclone-anticyclone asymmetry in gravity wave radiation from a co-rotating vortex pair in rotating shallow water” J Fluid Mech 772, 80-106 (2015)

(c) N. Sugimoto, “Inertia-gravity wave radiation from the merging of two co-rotating vortices in the f-plane shallow water system” Phys Fluids 27, 121701 (2015).

【技術賞】

該当なし