コンテンツの開始

技術賞 

流体力学の知見に基づく画期的な技術(製品やソフトウェアを含む)を開発したと認められる個人もしくは代表者とそのグループに授与される.ただし,過去10年以内に発表された技術で,既にある程度実用化等の評価がなされ,また,多くの人への受益が認められるものを対象とする.

受賞技術および選考理由(2016年度) 

該当なし。

過去の受賞技術 

・ 2015年度受賞技術
該当なし
・ 2014年度受賞技術
バルーン状大気泡を用いた間欠吐水技術の開発と省エネ温水洗浄便座の普及
・ 2013年度受賞技術
該当なし
・ 2012年度受賞技術
該当なし
・ 2011年度受賞技術
該当なし
・ 2010年度受賞技術
小惑星探査機はやぶさ回収カプセルの熱・空気力学設計
・ 2009年度受賞技術
該当なし
・ 2008年度受賞技術
風レンズ風車(超高効率風力発電システム)の開発
・ 2007年度受賞技術
「エアコン上下両開きロングパネル方式気流制御技術」