コンテンツの開始

第1回FDR賞(2008年受賞) 

論文題目:

Bifurcation diagram for two-dimensional steady flow and unsteady solutions in a curved square duct

著者:

Rabindra Nath Mondal, Yoshito Kaga, Toru Hyakutake and Shinichiro Yanase

掲載年巻号頁:

2007年,第39巻,5号,413~446頁

本論文は,断面が正方形の曲がり管内で,管軸方向には変化しない流れの数値解を詳しく調べた労作である.多重に存在する定常解を求めその構造と安定性を解析し,数値シミュレーションにより非定常解の挙動も調べている.管断面の辺の長さの1/2で無次元化した曲率とDean 数の2つのパラメターを広い範囲で変化させて解析を実行し,定常解の新しい分岐パターン,周期振動解およびカオス状態と定常解・分岐ダイアグラムとの詳しい関係,Dean 数を上げたときのカオス状態への遷移,カオス状態の分類について,新たな知見を呈示している.さらに,いくつかの実験結果との比較を行い,本解析が現実の流れと深い対応関係にあることを示している.