コンテンツの開始

お知らせ一覧へ

各賞の紹介 

論文賞

流体力学の発展に大きく寄与したと認められる論文の著者に授与する.ただし,過去10年以内に発表された論文を対象にする.応募時点で代表者は本会会員であること.代表者以外の共著者は,受賞年度末において本会会員か,入会申し込み済みであれば受賞者に含める.

竜門賞

本会会員で応募年度末において40歳未満であり,流体力学の発展に寄与した論文を査読のある雑誌に発表し,独創性と将来性に富むと認められる個人に授与する.ただし,対象は最近の業績(10年以内)とし,特定の論文に制限するものではない.既に流体力学論文賞または竜門賞を受賞した者を除く.また,論文賞や技術賞(共著者を含む)と同時には応募できないものとする.

技術賞

流体力学の知見に基づく画期的な技術(製品やソフトウェアも含む)を開発したと認められる個人もしくは代表者とそのグループに授与する.ただし,過去10年以内に発表された技術で,既にある程度実用化等の評価がなされ,また多くの人への受益が認められるものを対象にする.自薦の場合には応募時点で代表者は会員であること.他薦の場合には,推薦者が本会員であれば応募者は会員である必要はない.

FDR賞

本賞は対象年(表彰を行なう年の前の年)の1月から12月の間にFluid Dynamics Research (FDR)誌に掲載された論文の中からFDR編集部が選考し学会理事会で決定される.